fc2ブログ

奴狼相

生命は刹那刹那に完全燃焼されうるかーOscar Wilde

寒いですねえ...

09.4.jpg
CG 05


きょうはまたやけに寒いですね!せんじつ喜んだばかりなのにかないません!まあ しかしもうすぐ春ですものね我慢しましょう。オリンピックがあったんですねえ!すべて入情報無視の生活ですので、世の中どうなっているのかサッパリ!恥ずかしながら無頓着もいいところこんな人間も居ていいかもですね。それでも否応なく遅まききながらも荒川選手のこと(テレビつけずでまだ見ていない)が耳に入るからよくしたものです。ちょっと偏屈かな...?

スポンサーサイト



テーマ:人生=ART だ! - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/28(火) 20:48:41|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やんごとなき為せる技なり!

GK.jpg
CG 06


現在形。昨年の作品ですが元気がいいですねえ!自身でも思い惑うぐらいですから他者からすれば何故にという声が聞こえてきそうですが、これが現実。なにおか言わんや!でしょうか?否定しきれない何ものかが潜んでいておもしろい。おもしろさの冴えたるものか?しかし、やんごとなき性の為せる技でしょうかねー..!!
このブログも100日目ぐらいか?正確に数えませんが過ぎているかもしれません。自分で言うのもおかしいですが生真面目なものです。これでも結構自分では楽しんでいるのですがね!。 
  1. 2006/02/27(月) 20:36:54|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの大雨です

_2.png
CG 2006


昨夜半から久しぶりの大雨の部類!午後も降止まずうってかわって寒さが身にしみる。春に向かって植物にはとてもいい雨なのだろうけれどね!
画像もきのうにひきつづいて新作としました。動物危惧種への思い入れがテーマです。ここにきてCGでの処理技術が幅広くなりこれから先がたのしみだ。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/26(日) 16:24:49|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春うららにはまだ早いか!!

doubutu.png

CG 2006


きょうは土曜日。春の気配濃厚ほとんど暖房なしがありがたい。ことさら今年の寒さは貧者にはこたえて春を待ち焦がれていただけにうれしい。
画像UPはそれに応えて現在形といきましょう。新作です。

テーマ:人生=ART だ! - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/25(土) 19:21:41|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニアチュール銅版画

soul.jpg
銅版画 1995


10cmx10cmのミニアチュールで銅版画。お隣の国韓国でのミニアチュ-ル国際版画展に出品したものです。小さいからといって侮れずミニならミニなりに見せよう工夫があり、ロング?とは違った魅力があるものです。いわゆる小股のみせどころでしょうか...!
  1. 2006/02/24(金) 19:04:55|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浮遊する傀

SIROTA3.jpg
銅版画1997


浮遊する傀。さまざまに展開してそれなりに反応はあるもので、これも作品写真こそ友人の写真(コンペテーション1等賞)ではありましたが、一緒にY紙文化欄に紹介文が載せられ喜んだものでした。自由美術の長老は個展会場に現われて きみの作品のほうがよかったのになあ と言っていましたが苦笑いというところでしょう!

テーマ:作品 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/23(木) 19:40:07|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

にんべんの鬼でモノノケ!

sirota1.jpg
銅版画1977


傀としてシリーズをしばらくつづけて、ドロ沼のイメージか!人間社会の根源的諸相をこの塊に凝縮さすという目論み。単に塊ではつまらないので人の偏にして‘傀’辞書を引くともののけとあり、イマジネーションとしては格好であってこれを3年間みっちり追い掛けたのでした。この作品も大活躍でコンペテーションをふたつもくぐり抜けた優れもの。
  1. 2006/02/22(水) 20:25:36|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オドロハイテク!

reza.jpg
レーザープリント 1997


きょうはまたレーザープリントにもどって、きのうのドロドロしさ+ハイテク処理?といっても手作りのアナログ系ではありますが、盛んにオドロオドロを増長さす傾きの真っ最中のもの。反応としてはひとりよがりの情けない結果ではありましたが、生職の方もたいへんな忙しさの中で、また遊びあるいは渾沌とした内事情とも相まって穏やかならざる時期ではありました。そんなこんなの中の雑居作品と言えますか...。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/21(火) 21:21:03|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついて回るジャッカル!

sirotav.jpg
銅版画 1976


またまた行ったり戻ったりのアップで混乱しようというもの、いい加減にしないととは思いつつPC上での保存のまずさからこういうことに相なります。前置きとして、この画像はドロドロとしたもののうちの代表格でして、しかしこのようなイラストをこなしている時の楽しさも捨て難い。テリトリーのうちの一方ではありどうしたものかいつもついて回るジャッカルのようなもの!!

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/20(月) 19:54:01|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

事のはじめの初々しさ!

reeza.jpg

ヴァリエーション 1995
先日の作品のヴァリエーションです。付加としての意味があるかどうかですが、その分だけ変化そして動きが出たのはいいのですがどうでしょうか?比べてみると元の画像のほうがシンプルで直裁、インパクトがあるようにも感じます。おもしろいもので事の端緒となる初々しさが感動の源か!時としてこんなものかもしれません。

今日は日曜日。朝からカーテンの洗濯やらレールの取り替え、そして襖(3箇所)のスベリを良くするためローラーをつけたりたいへんな働き。かみさんの機嫌のいいこと久しぶり!!そんな1日でした。

テーマ:人生=ART だ! - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/19(日) 21:15:33|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大作レーザープリント

myuzuax.jpg
レーザープリント 1998


かなり現在点にきて、なまなましい露出であろうか!例のANAさんが抱きついて歓んでくれた展示でした。ドイツ女性に抱擁されようとは夢か幻か? ちと 大袈裟ではありますがオープニングパーテイーでのことではありました。大作で135x630cmと270x95cm(2連)の2点を素材のマイラーフィルムということもあって、バックからライトを照射。そのことであるコンセプトに一層の効果が出、少し前から言われる環境芸術に相応する運びとはなったのでした。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/18(土) 19:40:54|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きょうは油彩をUP!

kinokuniya.jpg
油彩 1981


これは油彩、きのうはレーザープリント先日は銅版画と盛んに揺れ動いた時期。油彩は自由展(都美館)のために? このためにというのがミソでやむなく描いたと言う事情あり、しかしこうして過ぎてみるとなにかしら意味があるものです。
これは100号2枚つづきの大作、派手に自由展の1室つまり玄関先に展示してくれたこれも優れもの。しかしこれは借りアトリエがもらい火で焼失。となかなか人生のなかでドラマチックにあるいはダイナミックに展開するものとあらためて思います。

テーマ:人生=ART だ! - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/17(金) 19:29:31|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

レーザープリントその2

cirota96.jpg
レーザープリント 1994


昨日のはこの後のものでまた前後しましたが、シリーズ“かげろう”からと銘うっての1994年の個展の案内状につかったものです。これは有力新聞(NK社とM社の文化欄)が写真入りで紹介してくれた優れもので、なにがよかったのか!要するに事件性があった?と踏んでいますが、このモチーフは、昨日のドイツ女性とは対照的に女子大生ということもあり日本女性のキメ細やかな皮膚であり、提供してくれた好意を存分に使わせてもらいました。結果、新聞のネタとなったということで応えることできたのは幸いでした。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/16(木) 20:10:46|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レーザープリント

cirota95.jpg
レーザープリント 1995


これまでにレーザープリントのことを盛んに言ってきましたが、この辺でその正体をご披露しましょう。1995年の銀座の画廊で個展したときのDMに使ったものです。ドイツ女性舞踏家ANNAがその肉体を提供してくれての仕事で、この時もかなりなテンションで充実度も高いものでした。このドイツ女性の眼の鋭いこと!その気迫が前面に出て圧倒されますね。負けじと奮発したことを思いだします。

テーマ:作品 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/15(水) 20:25:39|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネコ用ネイルキャップ!

きょうは陽気がいいので新木場の東京ビックサイトで始まったギフトショウに行ってきました。大勢の入場者でそれだけで疲れ果て、沢山の展示品でこれにも参りました。
gifuto.jpg
恥ずかしながら目的の展示には巡りあえずただただうろついたと言う始末。もうこれくらいで帰ろうとしたら大きなネコが檻のなかで怯えたふう、どういしたのかと見ているとみせのおじさんが仕事だ仕事だとネコの爪を見せてくれました。マネキンネコだったのですね!なんと爪にネコ用ネイルキャップをはめていました。トラブル防止とおしゃれを兼ねてのピンクのキャップをしていて可愛かったですよ!
sofuto.jpg

  1. 2006/02/14(火) 21:24:38|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミクストメデア

meimou-a.jpg
ミクストメデア05


upが前後していますが、これはCGでの遊びで試行中のどんなことになるかのものです。
少々口当たりの悪いものですがご堪忍を!!

  1. 2006/02/13(月) 17:32:50|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

油彩での忘れ得ぬ仕事

kokusai.jpg
油彩 1997


ついでといってはなんですが、おとといからのUPの銅版画と同時期に油彩での制作。日本国際美術展(毎日新聞社主催)に展示したものです。100号での仕事は楽しいものでした。

テーマ:作品 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/12(日) 19:10:51|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よき時代への述懐

ryuburiana1.jpg
銅版画1977


連作UP。ほとんど何も言う事ない良き時代の仕事で、この時代の覚え書きをみるとたいへんな仕事ぶりで若かったのだなあとしみじみ思う。光陰矢のごとしと言うけど実感するところ。というとずいぶんな過去のようですが、そのとうりです。

テーマ:人生=ART だ! - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/11(土) 17:14:11|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なつかしの銅版画時代

ryuburiana3.jpg
銅版画 1977


前後しますが、これはかなり前の作でその後への指標となったもののひとつです。これまでのどろどろとした具象から、いっきにモダーンな形容に変異してある突破口を見い出したものでした。このころが私のピークであったことを思います。それこそ面白い時期ではありました。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/10(金) 20:58:45|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アナログ的感触

Spiritx.jpg
CG 作 05


昨日の連作。自分で言うのも変ですがアナログ的良さがでていて、やはり捨て難い。銅版画での製図のような線状に指先の温度がこれにはあるとしましたがいかがでしょう!
PCでの線にはこの感じはなく、いいか悪いかは別として血のかよった人間の仕事のようにも思えます。まあしかしデジタルの冷ややかさはまた時勢の欲求を満たしてくれはしますが...。

テーマ:人生=ART だ! - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/09(木) 23:34:26|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンビバレント

Spirit21.jpg
CG 作 05

このパターンはわたしの仕事の中では異色ではあっても、アンビバレントな意味合いで自身のなかでは重い存在としています。現在(CG制作)を想定した展望を秘めているのですが、油彩.銅版画に10年はいろいろ試みてきました。このパターンでの活躍度はかなりあってエポック的なところでの思いを認じています。


テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/08(水) 19:35:45|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

複合画像です

3renn2.jpg
CG 作 05

このところ込みいったことをしていて、落ちついた記述もできなく寒さもああったりで気合い入らずです。
画像のアップもきょうはために、大きくちと暴力的でないかと懸念もあります。ご寛容のほどをお願いいたします。
  1. 2006/02/07(火) 17:33:19|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちとにがおもいか...

po.jpg


これでもかとするには
ちとにがおもすぎて
はいせきするには
ちとせつなく
あらぬさきがけに
くさびをうち
うちふるい
やいばのせんこうを
まのあたりにし
たちくらむ
のうずいに
みずをうつか
げにあやしきは
とまれ
せんじょうの
つゆときえしか
さるものにしおを
ふりまきのたうって
まなこのかすみ
めぐすりさす
そうです
これにて
...
ドロウアイ

テーマ:アートスペース - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/06(月) 19:15:04|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きりのないなりわい

BEROYOU.jpg
CG 作 05


このみちにふみまょうてなんだろう
わたしがわたしであることをけんげんする
ひとつのほうほうなのだろうことは
いまさらではあるが
たしかめそれでもなおかつ
うおうさおうするこのやっかいな
ことがらではあっても
やめられないのはそのことにふさわしい
さそいまどわすりんごであるからなのか
ままよすぎてみれば
ひかわででしかないことにきずいたか
ちょうのなかのどろどろしてうごめく
もののようなものだ
きょうはじつげんするか
あしたはどうか
おおとさいかいすれば
かいかんをそのてにして
ではあさってはどうか
こうしてとめどないのが
このせのなりわいこのへんで
てをうとうきりがない
ドロウアイ

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/05(日) 17:20:24|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろはにほへとちりぬるを

kage1.jpg
CG 作 05


かげろいて
ゆらめくオブジェ
はかなくも
きえのぼり
しゃくねつの
じべたに
こんせきのこし
たちのぼり
はたまた
きえさりて
くりかえすこと
おくまんねん
あしたもあるか
まくらにしずめ
あらぬゆめみし
えひもせす

このはかなき
さだめよ
ア~ア
ドロウアイ 

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/04(土) 17:23:02|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんともはや..

HIMEGOTO8.jpg
CG 作 05


ウウーン~!
 なんともはや このやるせなきありよう!
 と うなってみてもなんのことやら
 というのがこのよのなりわい
 なりわいにのってあそびのたまうて
 げんこでもくらえば
 なんのことなきふつうのガキでしかない
 ガキはガキなりにしょうめんをむいて
 めをむいてしりをかいてついでにあたまもかいて
 よこむいてアメだまなめて
 さてどこにいどころさがし
 さまよえば
 いつかわたしがわたしで
 あることにちゅうちょしようか
 いずれあまたのゴミでしかない
 そんなことにときをつぶして
 じょうじゅをゆめみようか
 いよっ^-^ドロウアイ


 

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/03(金) 20:04:29|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芯棒?が必要だ..

AU1.jpg
CG作 05


連作のうちのもの。これもどうなのか?言うだけ野暮天か!
なんてったってこうなってくると腰が浮き出してなにか芯棒が必要になる。つまり突っ返え棒みたいなものがないとぶっ倒れそうになる。否 酔いどれのたわ言を公言しているようなものだ! まじめに見てもらうかたがたにです。なにをか言わんやですねえ!!

 

テーマ:作品 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/02(木) 21:17:35|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

衆目の同意を得るには厳しいか

ST-31.jpg
Cg作 05


一連の作で、なかなか衆目の同意を得るには厳しいか? 独りよがりもいいとこだろうが、こんなことも自身のなかで容認を心待ちしていて、実現を全うするに清水の舞台から飛び下りる思いはひとかたならず。

きょうは朝から雨で、畑の野菜も一息ついていることだろう! すこしは野菜が安くなればいいが。久しぶりの雨でわたしもおおいに濡れました。



テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/02/01(水) 19:17:02|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3