fc2ブログ

奴狼相

生命は刹那刹那に完全燃焼されうるかーOscar Wilde

いつものフィールドで

aki.jpg
わが周辺の秋


きょうも、人里離れたいつものフィールドに腰を落ちつけてエンピツを走らせました。ふと休憩のときに周辺の秋をみつけて、デジカメを! すこしづつ秋色に染まりきて期待感をつのらせたものでした。この山は秩父の里の武甲山!セメントの材料となるのか手前に工場があり、削られた山肌が妙に猛々しく巨大な屏風と言った風情。いずれひと山が無くなることになるのか?なんともいい難しだ!そんな威容を先日スケッチしてきました。

スポンサーサイト



テーマ:人生=ART だ! - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/09/29(金) 20:39:40|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

表現主義的写生

ara.jpg
シリーズ 荒ぶる神の住処


このシリーズは来5月の個展のためのものですが、先行してのUP!こうしてブログにのせてしまうと鮮度が落ちてしまうのではと心配ですが、行きがかり上こうした結果になりました。
このシリーズは徹底して現場主義を貫いて、写生ではありますがいわゆる表現主義的な態度(こういう言い方があるかどうか?)でのものでありたいとの思い...普段の抽象表現とはギャップがありますが同居していることもまぎれない事実であります。
  1. 2006/09/28(木) 07:15:44|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初秋のころ

sep.jpg

初秋色


季節の変わり目、殊更に夏から秋にかけての”惜しみ”はつよく感じて、こんな時こそ物思うに相応しいのだろうけれどもの侘びしさは一入。なにをするにもやり易く、また色づくころではあるので本命であるところの画業にも集中できようか!実際に夏の照りつける太陽のもとでは描画も途絶えがちであったものが、今ではついつい筆を動かし過ぎて腱鞘炎に悩まされると言うことではあります。

  1. 2006/09/23(土) 11:06:11|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初秋の色づき

_1.jpg
初秋色


9月半ばにもなるとやはり秋の訪れをみせて、今年は特に我が身を外光のもとに晒し続けたこともありその感が強くあって、日ざしのやわらかさをそして緑陰のいろづきも変容。秋いろのたのしみが徐々に出始めてきました。きょうも秋の空を心配しながら色鉛筆を手にしてきました。

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/17(日) 17:51:41|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨が降っても..

desan.jpg
06 デッサン


6月からつづいている現場での写生ですが、この絵は折角現場で道具を広げて描き出したら雨!やむなくたたみ、このまま帰るには少しシャク!近くの橋の下でのサムホール程度の画帳をとりだし言わばクロッキーといったところでしょうか。小一時間のボールペンでの写生です。

テーマ:絵ブログ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/09/10(日) 17:57:11|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0