fc2ブログ

奴狼相

生命は刹那刹那に完全燃焼されうるかーOscar Wilde

きのうは大荒れの日曜日

nature14.jpg

 きのう日曜日、未明は雨が間断なくという降りようでどうかと思ったが、晴れ間も出て洗濯物が乾いてくれるかと喜んでいたのですが、京都競馬場での宝塚記念G1の三時四十分出走直前に、黒雲が北方向に発生したかと懸念していたところ雷鳴と共に大雨に見舞われ、ラジオでの実況放送が聞き取りにくい程の激しさ。馬券はかなり前に付き合いで買った事がありましたが今回は友人が買って、競馬結果を教えてくれるようにとの事から聞いていたのです。馬そのものは好きですので馬券は関係なくても聞いていて楽しいですね。その後のネットニュースでは、都心の大雨によって車に閉じ込められたり家から出られなくなったりとか大変な状態だったとのこと。ウイークデイだったら遭遇してましたね。


スポンサーサイト



  1. 2014/06/30(月) 18:54:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緑陰の情

nature13.jpg

 沖縄は先日梅雨明けしたという。こちら首都圏はこれからが梅雨本番だと言う。毎年の事だが降り続く雨とこの湿気、鬱陶しさは変わらず だ。きょうも新宿から神宮の杜を経て、渋谷・赤坂・新橋辺りを廻ったが 雨 あめ でぐっしょりでした。この頃の降り方とか気象状態は異常に激しく、地球の有り様に好ましくない変化の現れなのか⁉

 鬱蒼と緑陰深し小糠雨
 
 小ぬか雨緑陰濃いし黒格子

 こぬか雨黒格子戸にみどり陰  奴狼相

                       konukaame.jpg神宮にて

  1. 2014/06/29(日) 18:35:01|
  2. 詩歌随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乱れひらりと W杯

nature11.jpg

 静かな朝、目覚めたら日差しが眩しく、と思っていたら もやい 灰色に染まり、なにやら危うい空模様となってきた。きょうは新宿へ出掛けなければならず雨具は どうしようか⁈。
 それにしても、我がサッカー日本代表の惨憺たる結果はなんとしたものか。大言壮語もいい加減にしないと…ね。全く問題にならなかったじゃあ ないですか。アジア勢がひとつも勝てなかったと言うのも困ったものですがね。

黄昏れて乱れひらりと黒いもの  奴狼相

  1. 2014/06/28(土) 08:40:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨闇

nature12.jpg

 このところ天候不順続きで、きのう埼玉県の朝霞では「記録的短時間大雨情報」が出て、集中的な大雨に見舞われたそうです。きょうは、淡い日差しではあったけれど、不穏な雲も現れず穏やかないち日だった。さすが梅雨時ではあって、不安定な気象状況が頻繁で我々を驚かしてくれます。

 夏闇に見舞うが如く黒い影
 
 梅雨闇のひらり舞いくる蚊喰鳥  奴狼相

 
  1. 2014/06/26(木) 18:19:18|
  2. 詩歌随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

…呆気なく敗退

nature8.jpg

 W杯ブラジル大会での日本はあっけなく敗退した。まず当初から期待してはいなかったが、それにしてもほとんど一方的な試合では先行きが暗いとしか言いようがない。これではサッカーそのものがつまらなくなってしまうではないか⁉ 今回は、アジア勢全体が低レベルのような印象を受けたがこんなものなのだろうか。悔しいがしようがない。

 画像UPも、サムライ日本の低調さに合わせたかの様な、梅雨空そして涙雨といった趣きではある。


  1. 2014/06/25(水) 07:25:05|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

油断禁物

nature7.jpg

 今日の天気予報では、50か60%の降水確率と言う事で雨具を用意して出掛けたのですが、午後3時過ぎに浜松町あたりで黒雲が突如現れたかと見ていたら、急襲され雷を伴っての大荒れ。ニュースでは吉祥寺あるいは調布市などで大粒の雹が降り積もり、道路冠水などの報道でした。最近はゲリラ的な激しいもので油断禁物、対応に苦慮しています。


  1. 2014/06/24(火) 19:46:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜ごとのあきらめ

nature6.jpg

 きのう日曜日は、午後には雨も上がり日差しがあって気温も上がらずであった。一日中、腰の具合と眼の疲れ具合を脳裏において、本を読んで過ごしました。
 この梅雨時から夏に向っての寝苦しさは毎度のこと、薄物の肌掛けを順次取り代えし、掛けたり剝いだりを夢中にくりかえし、その軽い疲れがある中での目覚めが日常で、夜ごとのことと半ば諦めてはいます。

 梅雨寒の掛け剝いだりの夢の中  奴狼相


 


  1. 2014/06/23(月) 15:24:10|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨本番この地平

nature5.jpg

 早暁から、しとついた雨音に起された。梅雨本番か、こんな日は本でも読んでやり過ごすに限る。このところの腰の痛さはこの天候のせいなのか‼ じっとしていると、凝固したような感じでまともに歩けず、少しならし運転をしてから足を運ぶと言う按配です。
 画は、色調からいって梅雨を連想か⁉ “天と地” というコンセプトですが、地球環境をいつも考えさせられるこの地平に平安をということでしょう。


  1. 2014/06/22(日) 11:23:50|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンポジション

nature2.jpg

 夏至。しかし梅雨時であり、やはり湿気はあって気分は憂鬱。赤を基調とした構成主義的な或は抽象性を徹底させようという考え方で、晴れない気分を払拭しようかとの目論みがコンセプトです。いかがなりや⁉。

 
  1. 2014/06/21(土) 18:47:54|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギリシャ戦はドロー

nature1-.jpg

 W杯ギリシャ戦。退場者が出て10人のギリシャにたいして、日本の攻めは生彩を欠いているとしか思えず。やはり勝つというのは難しい。引き分け。あれだけのメンバーでも、1点を取ることできないのはなにがそうさせるのか‼ こうしてみてくると、Jリーグそのものの存在価値すら疑われてしまうではないか。井の中の蛙ではないのか。残念無念。


  1. 2014/06/20(金) 07:54:22|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の宵

moving2.jpg

 昨日に引き続き、めっぽう明るい絵をUPしました。しかし内容は受け入れし難いもので恐縮。どう受け止めていただけるものなのか⁉ 言ってみれば、手が動く記述に機運を任せ、行く先はいずこか自身追いかけ後に判定ということか。無責任のようだけど、こんなことから駒が出るのを待つというスタンスなのです。自動記述・ オートマティズムというシュールレアリズムの内の手法ではありますが…。

 今日 一日中どんよりとした空模様で、ゆえに上のような滅っぽう“明るい絵”を ということでした。オブラートに包み込まれた路地裏に湿った空気が淀んで、妙に静かな薄明。降られなかったが洗濯物が乾いたのかなと心配になるような典型的な梅雨空でした。

 路地裏の包み込まれて五月闇 奴狼相

  1. 2014/06/19(木) 05:30:00|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

灰色基調



 薄日射す梅雨空ではあるが、雨の気配は未だなし。半袖半ズボンでの部屋着は若干寒い感じ、かといってこの上に何かを羽織ると言うのもかったるい…。

 赤を基調とした画像。なんとはなく暖色系の絵を選択することになったのは、灰色基調に支配された世の中に対する意識からなのか。せめてもの現前の色調をもって受容しようかということではある。



  1. 2014/06/18(水) 10:00:54|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

迷妄する最長老レペ

repe2.jpg

 梅雨の晴れ間は、今日ぐらい迄ということらしいが、晴れていた割には涼しい風があって過ごし易いいち日だった。

 昨日の連作で、“迷妄する最長老レペ” といったシーンを具現化したものです。ただ これだけでは説得力がありませんが、この創世神話そのものが断片的であって、絵画化する上での迷妄を具象化したということでしょうか。
 
  1. 2014/06/17(火) 18:49:07|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本 Wカップ第1戦だ

repe.jpg

 昨日は日曜日、日本は好天気。ブラジルの会場は小雨降るピッチだという。第1戦コートジボアール戦 以外にも (といったらまずいかな) 日本が本田の先制ゴールを決めた。しかし、その後は日本は押込まれるシーンが再三再四あったが前半は1対0。
 後半は、19分同点。続いて逆転 2対1 にされる。その後、振り回されながら小康状態が続いて、日本の攻撃も らしく ないものだとラジオの実況放送でつたえていたが、思いどうりにゆく筈もないのが世界のサッカーだろうと思う。敗れたが、技術はともかく、体力気力ともに圧倒されていて無惨と言うよりないか⁈ ちょっと甘く見てたのではないか。後の試合は、とにかく頑張って貰いたいものです。

 画像は “呑み込まれる最長老レペ” 南アフリカ ドゴン族の創世神話にでてくるシーンで、まさに呑み込まれたと言うことではある。いわばブラックホールを想定したかのように現地人の想像力が働いたのではないか。
 西アフリカ、マリ共和国に居住する神秘の民族の創世神話に惹かれ、シリーズとしてある時期追い求めた内の一断片です。


  1. 2014/06/16(月) 10:46:02|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The shower of the guerrilla

house4e.jpg

 昨日は、天気予報は当たらずとは言えなかった。昼頃には、新宿.歌舞伎町北方向に黒雲がにわかに発生、ほとんど間をおかず大粒の雨が落ちてきて慌てました。その後、あちこちでゲリラ的に急襲されたようでした。今年の梅雨はとにかく油断のならないことしばしばです。きょうは朝から好天気で、9時には渋谷に居て29℃ではあったけれど湿気が少なかったのか気分はよし。いち日中 好天に恵まれ、梅雨は何処へやら! と言う感じでした。
 
 なにやらよからぬ手合いが、穏やかならぬ空気を支配して、この頃の世情を混乱に陥れる企みをうち揃って結託したかに見えるが、大概にして欲しいものだ。

  1. 2014/06/15(日) 20:13:39|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A combative image.

house4c.jpg

 昨日の天気予報では、今日も不安定な状況で荒れると言うことだったが、今朝は眼もくらむ快晴で予報が珍しく当たらずだ。まあ 午後以降経ってみなければではあるが。
 今日はサッカーW杯ブラジルでのオープニング試合があり順当にブラジルがクロアチアに勝利。日本も15日には第1戦を戦うという。どんな戦い方をするのか、案外あっさり敗退か…⁉ などと言ったら叱られそうだが。
 画像は、ポジティブどころか過度にアグレッシブな様態で、どう収まりを付けるのだろうか。何処かのよろしくない集団が脳裏を掠めて、苛立つのは考え過ぎか‼


  1. 2014/06/13(金) 09:16:52|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Positive Thinking

house4f.jpg

 この画像は、このところの 牡羊群 とは技法的にも一変。しかも ポジティブな様相ですが、いっ時々の置かれた精神状態からこうした現象が表われるのだろうと思います。勢いとして画技に反映したものを受け止め、その一方で、少なからず戸惑いもあるのですが…。因みに、この作品は数年前に描き起されたもので、昨年、干支の午歳に乗じて編み上げた一部です。


  1. 2014/06/12(木) 21:46:42|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羊富士 新雪と巻貝

sheep7.jpg

 今朝は雨降りかと思いきや降られず ヤレヤレ と思ったのだが、いろいろ毎朝の用事をなんとか済ませてほっとしているとなにやら眼にキラキラが発生。このキラキラは何かと身体の調子が悪い時にあらわれる現象で、こんな時は横になるに限ると寝てしまった。しばらくして、なにやら外は雨らしい感じで起されたらやはり しとしと 予報どうりだった。
 
 画像は、このタイトルにあるフレーズに誘発されてのパロディーです。ユーモラスでしかも妙に澄まし顔が現れて面白いのでここにUPしました。


  1. 2014/06/11(水) 12:00:39|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紙 喰らう牡羊

sheep5.jpg

     sheep6.jpg

 昨日は体調を崩し、早々に床に着いて寝てしまいブログUPはお休みとしました。このところの大雨続きが影響したのかもしれません。きょうは降られずにすんだのですが、なにやら心身ともに不安定な状態です。
 
 今日の画像も、天候不順に合わせたように暗雲が立ちこめて、世情を支配している不穏な空気そのものといったところ。こんな暗鬱さが求められることこそ 病みの現象 なのかもしれません。


  1. 2014/06/10(火) 20:58:52|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牡羊の表情から

sheep2.jpg

 日曜日。明け方まで雨音がしていたのだが、床から起きて見ると濡れたベランダに未だ曇り空がたれ込めて、再び降り続けるのではないかという気配だ。

 そんな梅雨空の表情を彷彿するかのごとく、苦悶の光景 といったところか‼ このところ世情の急速な右傾化への危惧を、牡羊の表情から痛切な叫びとして捉え、提示。赤裸な視線としての画像です。


  1. 2014/06/08(日) 09:36:41|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眼に見えるフォルムの存在

sheep3.jpg

 今日で三日目の雨降り、しかも大降りなのだ。さすが梅雨入りを多いに実感させられて、これでもか という勢いで明日以降もしばらく続くらしい。

 — 霊的なものとしての絵画 — という言い方があるように、きょうの絵は第二の現実の存在を露にすると言う企みが主要な動機で、無意識的な深さが或は霊的な実像として顕現すればよしとする。野生のひつじの悲痛な叫びに視線を合わし、厳しく眼に見えるフオルムによって表面化できればよしとするのだが…。


  1. 2014/06/07(土) 21:07:00|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の西新宿

Rainy1.jpg

 Rainy2.jpg

 動きの遅い低気圧の影響で、関東地方も大雨に見舞われ、西新宿 L タワー からいつもなら“スカイツリー”が飄然とした姿を見せてくれるのですが、雨雲に覆われて隠れてしまいました。因みに、写真の左上の黒っぽいビルは歌舞伎町の元コマ劇場跡地に建造中でして、どんな目的なのかはわかりませんが新宿東側にも大きな建物が出現しました。

  1. 2014/06/06(金) 18:03:01|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カボスとサボテンの花

The kabosu

  saboten.jpg

 ラジオのニュースで、関東地方も梅雨入りの模様だという。西新宿のLタワー28階から雨降りの都心を眺めるとどんよりとした中に “スカイツリー” が灰色に霞んでいました。“東京タワー” の女性的な風情に対峙して、“ツリー” の男っぽい素っ気なく飾り気のない泰然としている姿勢が好きですが、比べると人気は東京タワーの方があるようです。
 
 写真は、久しぶりに実をつけた“カボス” と “サボテンの花” が怪しげに咲いたのでUPしました。これから暫くは梅雨空と付き合わなくてはならず、体調に留意して乗り切らねばと思う次第です。

  1. 2014/06/05(木) 19:13:47|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石膏 首と額紫陽花に蕺草の花

 
garden.jpg

     garden2.jpg

 どうやら曇り日で、雨はないが梅雨空と言った按配。涼しい風に誘われて外に出て見ると、咢紫陽花と蕺草の花が庭の片隅で互いに控え気味な風情を見せていました。石膏は、昔日はじめて制作したもので、風化現象でひっそりとしています。

 ドクダミのガクアジサイにかくれしも  奴狼相

[石膏 首と額紫陽花に蕺草の花]の続きを読む
  1. 2014/06/04(水) 09:43:33|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドクダミの花が庭隅で怪しげに満開だ。

draw4.jpg

 昨晩は、一度も用足しで起されることもなく熟睡できた。こんな事は珍しいのだが、気温とかそのほか条件が良かったのだろうと思う。予報によると梅雨入りも近いということだが‥。
 今日の絵は、地色が暗緑色のためか引きづられて難渋な絵面になり、涼しい一日にも関わらず重い絵でちょっと相応しくないか⁉ まあ、きょう描いたものではないので仕方ないことだが。

 ドクダミの花が庭隅あやしげに  奴狼相


 
  1. 2014/06/03(火) 20:37:12|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先が思いやられるこの陽気

draw3.jpg

 九州地方は梅雨入りしたということだが、ここ首都圏の今日などは夏日そのものの感じで、うっかりすれば暑気に冒されるのではないかと心配になるほどであった。
 今日のドローイングは、熱気を孕んだものが感じられ〝逆も真なり〟 と、この画像UPとしましたが、どうでしょうか…。
 
 梅雨いまだ来ぬ夏陽とや云い暮れて 奴狼相
 
  1. 2014/06/02(月) 19:13:39|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

六月 おついたち

draw2.jpg

  六月と言えば梅雨のはしり、しかし、今朝は梅雨を飛び越したように夏日そのもの。八時十七分。日差しが強くすでに27℃だ。
 今日の画像UPは、視覚的にさわやかなものということで昨日に引き続いて抽象表現をもってきました。いかがでしょう‼

 窓を開け暑気漂うおついたち 奴狼相


  1. 2014/06/01(日) 08:23:39|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0