fc2ブログ

奴狼相

生命は刹那刹那に完全燃焼されうるかーOscar Wilde

雪が舞いました

15130a.jpg

 雪が舞いました。神宮の杜の無彩色な林に音もなく降り、林間から漏れる明かりが舞台の一点を浮き上がらせ、点線となって乱舞し止めどなく、静謐な画面を演出していました。そんな空間に浸っている間もなく、ラジオのニュースでは、生臭い報道を流し現実を否応なく突きつけて、その落差たるや遺憾ともしがたき処世。安閑とはさせてくれません。そんな折から微弱ではあるが地震らしき揺れを今現在ありました。


スポンサーサイト



  1. 2015/01/30(金) 20:10:10|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熱燗が欲しいが‥

15125d.jpg

 快晴ではあるが風が強く冷たい。でも厚手のブルゾンを丸洗い、青い空に強めの風が見事に乾かしてくれて、明日は気持よく着て行かれるので助かります。掲画は外気に合わせたように寒々としています。熱燗が欲しいところだが‥。

  寒風に厚手のブルゾン翻し  奴狼相


  1. 2015/01/28(水) 18:10:22|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

寒暖の差

15125b.jpg

 きのう今日と4月上旬の陽気で、夕方である現在、北の風が吹いて急に冷え込み対応が難しい。ニューヨークでは大雪に見舞われ非常事態宣言が出たと言う。この世界の気象状況に加えイスラム国の現況の理不尽さ、しかし、一方ばかりも責められないのかもしれず、周辺のEU諸国の出方そのものも再考を願いたいと思うのは間違いだろうか。どう展開するのか目が離せません。穏便になどと生易しい事態ではないでしょうが、ひたすら解決するよう願うものです。

 寒ゆるみやれ温もりし急に冷え  奴狼相


  1. 2015/01/27(火) 19:15:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

リアルタイム

15125c.jpg

 なんか知らん不審な動きを見せる画面。遠方とは言え今やネット社会あるいはジェット機に乗りグローバルを地で往き帰することで、今回の中東でのリアルタイムな危機感が生じる一方、実際はどうなのか、情報が錯綜するだけ判断の難しさがあり苦慮するところです。心配事が絶えません。
 きょう、ネットでは穏やかな行楽日和だとか言っていて、しかし、なにかしらそんな言い寄りが似合わぬこの午後の空模様になりつつあります。下り坂なので‥明日は雨か。

  寒鴉不審な動きネット上  奴狼相

  1. 2015/01/25(日) 17:05:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

体感温度

15123b.jpg

 雨もあがり、一転して寒さも緩んで思わず寝過ごすところ辛うじて目覚め慌てました。夕方には風が出てきて体感的には寒く、鼻水が頻繁で忙しい。ところで、中東イスラム国での日本人人質事件の問題、或いは、沖縄の辺野古移設問題に対して住民の反対運動の動向。為政者はこれらに絡めて、安保問題に一層拍車をかけてくる気配。力に対抗する機運があって非常に危なく、行く末が大変心配です。足枷としてとかく改憲を目論む輩から、憲法9条はなんとしても守らなくてはならず、この9条の世界に及ぼす精神は必ずや和平を齎し、実を結ぶことと信じますが‥。

  木枯らしに肝を冷やされ通過する  奴狼相


  1. 2015/01/23(金) 20:45:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

雪が舞いました

15118b.jpg

 一昨日に引き続きという掲画。取り立ててコメントすることもありませんが、この手法は、いわゆる手詰まり時には重宝です。天空を仰いで雲の形から覗く様態を遊ぶに似て、いっ時のやり過ごしには格好のモチーフではあります。
 きょうは、午後になって雪が舞い、昨年2月の再来かと思ったら直ぐに止みヤレヤレと言ったところ。お手柔らかに願いたいです。明日は雨だという。


  1. 2015/01/21(水) 21:10:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬眠中

15118a.jpg

 この手法は、レーザープリントを手がけた頃に常套手段として用い、今回はなにやかやと試行をする内に出来たものです。心理学での図象そのものですが、いわゆるガラクタから行き着いた文様で、これはこれで一先ず収めることとしました。まず何かしら意味付けが出てくるのを期待してみます。冬眠中の生物あるいは堆積物の有機的文様を連想しますが如何なものでしょうか。外は寒い。

  冬眠の腐葉堆積虫潜む  奴狼相

  1. 2015/01/19(月) 21:18:30|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阪神淡路大震災の20年目

15117a.png

 きょうは、阪神淡路大震災の20年目と言う日、ネットでは、その惨事の写真が大きく開示されて、改めてその脅威を蘇らせました。列島の、宿命ではあろうが心して対処をしなければと思った次第。震災に遭われた人々の中には未だ物心両面で困窮して居られるとのこと、どうしたものでしょうか。
 正月も明けてこのところ、普段にない仕事が舞い込んで、ブログも休みがち。
 掲画は、先年の後半に蓄えた素描をランダムに重ね、〝何かへんてこなものを〟とのことでできた作。ですが新規な感じはあまりなく失望。ちょいと今迄に無い方法は編み出し試みましたが、これは後々に生かされればというところです。

  寒空に爪痕険し二十年  奴狼相

  1. 2015/01/17(土) 21:24:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒の諧調

1517e.jpg

 この絵の、表面づらよりも黒の諧調がなによりも気に入り掲げましたが、何かひとつでも取り得があれば気が休まるところ。ひげ面あるいは花弁ともとれる図象ですが、見る角度によりあるいは観る側の時々の心情で、様々に映る変幻性こそが狙い目とします。

  黒に酔い諧調遊ぶ冬の夜  奴狼相


  1. 2015/01/14(水) 17:45:19|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々の掲画

15112a.jpg

 何時か何処かで見た触れたフォルムを 、様々に変容させて提示。ある時は反転させ、あるときは重ね、そして色の指定も変幻自在、あるいは膨らませ、縮めては伸ばし、豹変した絵図を検証。折り合いがつけば採用としてつかなければボツ。この繰り返しの中で日々の掲画が出現。そこから、その時々の心情と折り合いがつけば言葉となりコメントという段になる。この反復を日課としていることに意味を見いだしているのですが‥。

  氷柱の彫られて形透けて見え  奴狼相


  1. 2015/01/12(月) 19:05:50|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きょうは鏡開きの日

15111a.jpg

 きょうは鏡開きの日。正月気分も抜けてきましたが、好きなお汁粉をまだ食べてなく、きょうは鏡開きで出てくるものと思っていましたがふられたようです。日曜日で家に籠りきり、外の様子は分りませんが寒さは厳しいようです。
 掲画は、遠くフランスの凄惨なテロ事件から触発されたという絵図、信じられない悲しい結果であって、後々に禍根を残すのではないかと心配ではあるがどう解決を図るのか。どう終息をつけてゆくのか、われわれの周辺でもキナ臭さが燻っているようで他人事ではないのではないのか。暴力沙汰はまっぴらご免です。

  鏡餅汁粉の夢を見る寝床  奴狼相


  1. 2015/01/11(日) 20:28:51|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

造形主義

1517c.jpg

 きょうの掲画は、こうなってくると解説そのものはそれほど難しくなく、いわゆる動体の振幅が観者にどう感応するのか、時に造形主義偏重に陥る危具もあるが、純度の有り様が問われ特定のメッセージは捨象される。よって、上記のような立場の現代美術では造形性のみが取沙汰され、文学性とかは一先ず置いておくという立場なのです。俗にいう純粋絵画ということでしょうか。否否、とは言え、仔細にみるとなにやらどこそこかの臍まがりの輩が仄見えて、純度は怪しき気配です。

  寒工房純度は怪しへそ曲がり  奴狼相

  

  1. 2015/01/10(土) 21:20:41|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

述懐

1517b.jpg

 昨日の白と黒の絡み絵に関連して、しかし、拡散する点線面が適度な刺激となって、不祝儀とは違った趣を見せてくれます。もっとも観る側の状態にもより、それぞれではあろうかと思いますが、現時点での感想です。昨暮れも、永年関わりのあった先達が他界して、しんみりと述懐を余儀なくした結果がこのような絵を創出することに繋がるのでしょう。世は絶えず動いていると言うことか。
 早くも、夕刻5時をまわった時点で冷えた暗夜に半月が冴え冴えとして、北斗星か! きらりと光っています。明日も晴れるようだ。

  正に月北東上空冴え冴えと  奴狼相


  1. 2015/01/09(金) 19:05:55|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絡み図絵

1517a.jpg

 東北.北海道の猛吹雪、こちらは風は強く寒いけれど晴天で、と、大きな違いを列島にもたらしています。願わくば昨年のような大雪は遠慮してほしいものです。
 白と黒の絡み図絵といったところ。対照的に赤と白の祝儀の象徴を想起して、しかしながら、ここでもこの白黒の妙に清廉な印象は我の仕業とはなく、似合わず、不思議な取り合せ現象ではあります。

  白と黒絡み図絵かな幕の内  奴狼相

  
  1. 2015/01/08(木) 01:05:03|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夢物語

1516b.jpg

 初夢なのだろう、地獄草紙に出てくる悪鬼そのもの。枕辺で不穏な鼓動を聞いて思ったのは、先日の初詣に丁寧に掃き清められた玉砂利道を歩むうち、足裏から砂利を踏む音が鼓動と響き合うのを妙に感じたことと重なった、松の内での穏やかならぬわたしの初夢でした。

  玉砂利や鼓動に響く初詣  奴狼相

 
  1. 2015/01/06(火) 21:29:46|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

…キナ臭さ

1513.jpg

 西高東低の気圧配置で太平洋側の抜ける様な空の青さ、片や日本海側の対照的な天気状況は信じられないくらいだ。それにしても青森の降雪量は半端なく、さぞかし難儀なことでしょう。ここ首都圏は寒いのは仕方ないとして連日晴天続きで洗濯物はよく乾き助かるが‥。
 そうした中でできた掲画は、暗く重苦しい感。いかにもこの頃の世情を取り巻くキナ臭さに憂いを見せているようだ。右寄りのよからぬ連中の談合を捉えた風といったところか。

  年初め世変えりするかキナ臭く  奴狼相

  1. 2015/01/04(日) 07:50:18|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まんざらでもない気‥

1511.jpg

 風神雷神、俵屋宗達の豪放な画面を彷彿。江戸の絵師ではあるが、どこか野性味を感じさせる画風に魅せられて久しく、正月に相応しいものということで掲げました。こうして第三者的にみると日本人の感性なのか、自身の手がけたものながら良い悪いは別にして染み付いているものとみえる。まあ まんざらでもない気はありますが。

  正月に曲は琴の音絵は淋派  奴狼相


  1. 2015/01/02(金) 19:10:37|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元旦に思う

1511aa.jpg

 あけましておめでとうございます。
 太平洋側のここ首都圏は好天が続いていましたが、正月は積雪があるかもという。日本海側では大荒れとの予報で、早々の御難儀ですがお気をつけてお過ごしください。
 昨年5月に再開したこのブログを今年も続いて楽しませていただくつもりです。〝楽しむ〟と言うことでは、現在のストイックな立場からすれば格好な場、最小限の中での制作、そして発句という 言の葉あそび をする環境作りを得たことは、何にも増して明日への活力をもたらしてくれています。ですので、不足を言わず紙と鉛筆さえあれば事足りるということではあり、納得なのです。

  元旦の言の葉遊び明日へか  奴狼相


  1. 2015/01/01(木) 11:30:15|
  2. 詩歌随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0