fc2ブログ

奴狼相

生命は刹那刹那に完全燃焼されうるかーOscar Wilde

梅雨期特有の‥

15610e.jpg

 この梅雨は、メリハリの良いというのか昨日今日と気持よく晴れて梅雨期特有の
じめつきがなく気分よし。明日からは様子が変わるとのことではあるが、ほどほど
が願わしいところ。
 一方、世情は当面いかがわしい理屈を並べ立ててごり押しにしようかと言う政府の有
り様はどうしたものか、妙な躓きに堕ちいたらなければと、これも心から思うものです。

  梅雨晴れの調子に乗って蹴躓き  奴狼相

  
スポンサーサイト



  1. 2015/06/29(月) 21:10:22|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寝苦しい夜

15624b.jpg

 このところの寝苦しい夜を、どうやり過ごすか悩まされるのは今に始まったことではない。
まこと例年のことでありいまさらのようだが、何時もの対応はどうだったんだろうかと思案し
てもほとんど白紙が正直なので、つまりは忘れてしまうのだ。薄い掛け布団あるいは肌を露出
させないための肌着など、断片的な対応を試みてより有効な手だてに妙に納得。昨夕は就寝前
にシャワーを浴び昼間の汗を洗い流して、その効果だろう翌朝には寝起きが良く、目覚めの心
地よさにあらためて感じ入ったという次第。

  梅雨時の寝苦しき夜を巡らして  奴狼相

  1. 2015/06/27(土) 19:20:42|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時の経つのが早い‥

15624a.jpg

 時間の経つこと誠に早く、ブログへのUPもやたらと忙しく慌てること頻繁。
新規の掲画のこともあるので仕方なしとも思えるが、でも、過ぎてみればそれ
なりの成果とし得て、まずもってそんなところか…。明日の夕刻辺から雨模様
となり土曜日は纏まって降るとのこと。


  1. 2015/06/25(木) 21:55:10|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の中休み

15621b.jpg

 梅雨の中休み。どうかすると梅雨とはいっても名目だけのような、たとえ降っても
温和な降りようで、今日あたりも予報では夕方には60%ということではさぞかしズブ
濡れるかと思ったがパラパラ程度。しかし、雨が降らずで困るというでもないのだが‥。
 それよりも、夜中の寝床での奮闘ぶりはどう表現したものか⁈ 布団の上で右往左往
をくり返し掛け剝いだりと忙しく、夏至の日の朝早く目が覚めるとどうやら寝不足の
ようで電車でのウトウトの原因でもあろうか、この季節はとても寝苦しい。

  夏至の夜に掛け剝いだりと格闘し  奴狼相


  1. 2015/06/23(火) 19:20:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の晴れ間

15610j.jpg

 起床後、直ぐに窓を開けると輝く朝陽が眼に飛び込んできて晴々とした空気を
いっぱいに胸膨らませたのでした。梅雨真っ盛り、きのうは降りに降って湿り気
が身の回りに浸透、さすがに困惑の感。そんな中、緑樹には雀とは少し違うか、
動きも俊敏で鳴き声からして四十雀か⁉ 気持良さそうに囀っていました。街中
では、めっきり少なくなったのだが燕が飛び交うのを歓びとして受け止めたもの
でした。

  飛び交って雨後の晴れ間に夏燕  奴狼相

  
  1. 2015/06/20(土) 21:40:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青梅雨

15610f.jpg

 典型的な梅雨の模様。先日来は真夏になったかと思われる程の状況であったことからして、
きのう辺から梅雨寒となり長袖シャツを着て丁度いい加減。きょうも、昼過ぎから雲行きが
怪しくなり14時には驟雨というに相応しく夕立とは違う感じの梅雨模様。こうして見るとひと
安心か、降るべき時に降らずではいろいろと不都合なことになりますので…。ありがたいこと
です。

  青梅雨孫生え注ぎ潤わす  奴狼相


  1. 2015/06/18(木) 20:50:07|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

養花天 



 一日中薄曇りで雨の気配はないのだが、鬱陶しさはやはり梅雨の特徴か⁈
現在、シンガポール戦に押込みながら決まらずゴールを奪うことできず苦戦。
相手のゴールキーパーの健闘が光る一戦だ。

  垂れ込めて今にもザブと養花天  奴狼相


  1. 2015/06/16(火) 21:14:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しっとり感…

15610c.jpg

 深い杜に入ると濃緑が靄で煙って覆われ二の腕がしっとりと濡れ、梅雨なのだとあらためて
思い知らされました。受け取り方ですがこの湿度は心地よく感じました。しかし、気温が21℃
ということであってのこと、まあ 程度問題か⁈ これから気温も上昇すれば否応なく不快感が
伴うのでしょうけれど。

  湿潤の朝靄煙る杜の景  奴狼相

  1. 2015/06/13(土) 16:30:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眼が離せんない…

15610a.jpg

 今朝は、弱い雨が間断なく降り続いていたのだが日が昇るにつれ止んできて、
薄日が射したり、かと思うとパラパラときて空を見上げこれが梅雨なのだという
ことか⁉ 九州では大雨で広範囲に避難勧告が出ていたようで心配ですが、いつ
もの事ながら列島の様々な状況には眼が離せません。無事を祈ります。
 些細な事ですが、わが靴のファスナーが壊れて難儀しました。力の加わる靴に
ファスナーは無理なのか⁉ 便利な一面もあるのだが…。



 
  1. 2015/06/12(金) 21:00:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨入りが発表されました

1567z.jpg

 きのう梅雨入りが発表されました。例年通りとのこと、夕べは大降りが予想され
ましたがそれほどでもなかったようで、きょうの午前中までの降雨予報も9時ごろ
には小降りとなり、その後曇天ではあっても穏やかな日中でした。
 これから暫くは雨模様に付き合わなければなりません。このブログには十七文字
の語調をもとに詩作を試みているが、この梅雨という季節は変化に富んでイメージ
を膨らませるのには好都合でして、大いに楽しませてくれます。おまけに今日は折
りたたみ傘を新調し、傘をさすことに胸ときめかし雨中を歩いていると匂いがして、
これは何時か聞いた事がある香り! そう 番傘の下での独特な柿渋と油(和紙の素材を
強化するため)の香りだったことが蘇り、一層たのしみが膨らんだという次第です。

  梅雨入りに新調傘の香りかな  奴狼相


  1. 2015/06/09(火) 22:00:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世情の薄ら寒さ

1567v.jpg

 日曜日。この時期にしては風が吹いて寒いくらいな気温で、ふと世情の薄ら寒さを思い起こし震え
を覚えるなか諸事を片付け、午後には安田記念G1があり事情あって? ラジオ実況放送での結果待ち。
またも見事外れてしまいました。先週のダービーも同様、外れでした。
 掲画も、何が飛び出してくるのか⁉ ある種、賭け事に似て胸ときめくことであって愉しみなことです。

  水無月の冷気吹き抜け風そよぐ  奴狼相

  1. 2015/06/07(日) 18:55:59|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨後の濡れ葉

1567c.jpg

 昨夜は、一晩中本格的な雨でしかも寒く、悶然とした眠りに少々疲れました。
いつもの参道では新緑が洗われ玉砂利が竹箒の後をつけられてしっとりと濡れ、
淡い朝日がきらびやかに射して、美しい日本の情景を演出していました。

  早緑の雨後に濡れ葉が煌めいて  奴狼相


  1. 2015/06/06(土) 21:45:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

より具体な掲画

1566a.jpg

 この掲画は梅雨の走りというところか、このごろでは珍しく、より具体な黒雲から
垂れ込める妖怪がわが出番とばかり不気味な舞を見せています。夕刻から降り出した
雨は現在本降りの様相。寒くて、仕舞いかけた長袖ものを引っ張りだし着込んだ。
関西地方は梅雨入りしたらしいとのこと、ここ関東も真直ではあるのだろう。

  垂れ込めて黒雲妖と舞い踊る  奴狼相


  1. 2015/06/05(金) 21:10:47|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

律儀な梅雨

1563a.jpg

 〝律儀な梅雨〟という言い方をネットの何処かで見て、確かにこのところの不順な天候からして
見ればこの梅雨に限って 何時もと変わらず と言いたいのでしょうが、この時期に雨がないという
のは稲作にとっては痛手です。おいしい日本の米は絶品のように思えてありがたく思うのだが‥。
 先日来から薄い布団で寝ていて寝苦しく、一晩中掛けたり剝いだり或いは枕抱えする中で、目が
覚めて耳に入ってくるのは走り梅雨か、雨音にきょうばかりは梅雨の気配に納得したものでした。
鬱陶しさは多少我慢も肝要かと心得ますが如何でしょう。

  ざわめいて枕抱える走り梅雨  奴狼相

  1. 2015/06/03(水) 20:50:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

六月お朔日

1561a.jpg

 六月お朔日。朔日というとやはりなにか特別な響きがあって、神棚に灯明を
点けて、椀と杯を上げ参拝の礼をする役割りを祖母からの言いつけで行った
記憶がありますが、いまだに信徒というところまではゆかないにしろ身の引き
締まる思いがします。
 いよいよ梅雨の季節ですが、願わくば平穏な事であって欲しいものです。

 朔日に灯明点しお稲荷さん  奴狼相

   
  1. 2015/06/01(月) 21:48:05|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2