fc2ブログ

奴狼相

生命は刹那刹那に完全燃焼されうるかーOscar Wilde

ことしのお盆

1589b.jpg

 相も変わらず蒸し暑さが不快感を増幅し、大概にしてほしいものですがお盆であれば
致し方無しとしなければと思いつつも、愚痴るのも仕方無しなのか。などと回りくどい
ことで気を紛らわし、暑気払いとしてするのですが如何なものでしょうか⁈。
 懸念される右傾化への動き、それにまつわる世事諸々が不都合な動きになってのしか
かり心配の種はいや増すばかり、大気の異様さもあって尚更というところですが‥。

スポンサーサイト



  1. 2015/08/16(日) 15:55:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

暑さにかまけて‥

1589a.jpg

 8月に入って猛烈な暑さに見舞われ呆然としているうち、もう月の前半が過ぎようとしています。
矢張り というかかまけている訳ではないが致し方無しとしています。思考能力もなお散漫になり、
殊に俳句などは何にしても後回し、結局、手づかずのうち徒に日を重ねると言う顛末。きのうあたり
から、34℃以下だとなにやら過ごしやすさと感じることを実感し、気温の変動に敏感になりました。

  1. 2015/08/09(日) 17:55:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

抽象形態の絡み

1584a.jpg

 掲画は、例によって抽象形態の絡みになにかしらその時々の思いを見いだし、
内的現実が露になり言葉が奔出すればの期待を込めてはいるのですが、このところの
猛暑では集中力が散漫になり困惑しきりです。
 気象状況はやはり異常と言われていますが、この先どのようになるのか誠に心配な
ことです。

  1. 2015/08/04(火) 21:58:40|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八月1日。夏真っ盛り

15726b.jpg

 八月1日。夏真っ盛りか⁉ 時折、灼熱に見舞われて気が遠くなりそうな、だが、懸命に気を取り直して
危機脱出という毎日。掲画では、なにやらむさぐるしさが反って安堵を生むの譬え⁇ 〝叩かれた夜は寝やすい〟
と言いますが…。


  1. 2015/08/01(土) 21:35:53|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2