fc2ブログ

奴狼相

生命は刹那刹那に完全燃焼されうるかーOscar Wilde

銀塩写真の退潮に思う(ドイツ写真の現在)

sawa1.jpg
千曲川'05

“ドイツ写真の現在ーかわりゆく「現実」にむかいあうために”
      アウグスト・サンダー展
今やデジタルカメラの普及著しく銀塩写真の退潮ぶりは、自身が写真の仕事を生業(絵はライフワーク)としてきた関係から唖然とするばかり!しかしこれは時代の趨勢とでもいうのか抗いようがないことですが、銀塩写真の重みというか厚みはアナログへの郷愁か?!すでにクラシックの領域に入り過去形になるのでしょうか。
そんな状況下で今行われている写真展は是非見たい展覧会です。

国立近代美術館
※ ドイツ写真の現在ーかわりゆく「現実」にむかいあうために


★観てきましたらまた報告いたします。


スポンサーサイト



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

  1. 2005/11/27(日) 23:53:28|
  2. 写真
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<「季節の風景」 | ホーム | 折り合いのむずかしさ...>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://drawai8.blog37.fc2.com/tb.php/14-64d0319c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

動いたら負け、とメーカーに言いたい。

TBさせていただきました。先日のしょーもない同時プリント(=サケのモノクロピンぼけ写真)を受け取りにカメラ屋さんに行ったとき、新品と中古のカメラコーナーを見ました。・・
  1. 2005/11/28(月) 01:06:22 |
  2. なぞのパラダイス