fc2ブログ

奴狼相

生命は刹那刹那に完全燃焼されうるかーOscar Wilde

八月1日。夏真っ盛り

15726b.jpg

 八月1日。夏真っ盛りか⁉ 時折、灼熱に見舞われて気が遠くなりそうな、だが、懸命に気を取り直して
危機脱出という毎日。掲画では、なにやらむさぐるしさが反って安堵を生むの譬え⁇ 〝叩かれた夜は寝やすい〟
と言いますが…。


スポンサーサイト



  1. 2015/08/01(土) 21:35:53|
  2. 美術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<抽象形態の絡み | ホーム | 7月もあと一日。>>

コメント

carmencさま

 …と言いますのは、なにか波立つ気配があっても受け身である方が気が休まる⁈ と言いたいのでして。〝叩かれた〟訳けではありません。
ご心配かけましたが、いわゆる譬喩としての言辞でして 現–戦争法案–にもかけているつもりです。挑発に軽々しく乗らない方が懸命と思う
のです。猛暑も、どうしたら穏やかなるかを考えたいのですが‥。
  1. 2015/08/03(月) 18:47:42 |
  2. URL |
  3. Drawai8 #-
  4. [ 編集]

ホント、気が遠くなりそうでした。スゴい暑さですね〜
?叩かれた? 何かありましたか?
この絵が私にはなんか悩ましく色っぽく見えちゃうんですが…。

  1. 2015/08/02(日) 21:16:22 |
  2. URL |
  3. carmenc #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://drawai8.blog37.fc2.com/tb.php/672-734f4513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)